• ホーム
  • 土地から探す場合に強いハウスメーカーはどこ?

土地から探す場合に強いハウスメーカーはどこ?

2020年10月27日

ハウスメーカーは建物を依頼するだけでなく、土地から探す場合にも役に立ちます。大和ハウスや積水ハウスなどの大手は掘り出しものの土地を持っているし、住友林業も不動産に力を入れています。ハウスメーカーは多少にかかわらず、既存物件の情報を持っているので、活用するのが良い方法です。しかし、希望する物件があるかどうかはその時になってみないとわからないものです。土地から探す場合は多くの業者に声をかけておくことが効果的です。

ハウスメーカーは造成住宅地において土地を取得する権利を持っていることがあります。気に入った住宅地が発生したら、そこで権利を持っているハウスメーカーにアプローチしてみることも必要です。そのような宅地を求める場合は建築条件付きとなることを心得ておくことが大切となります。建築条件付きとは土地とセットで建物の建築を契約することで、その場合は土地だけを求めることはできません。

郊外の造成地は大手の不動産会社がデベロッパーであることも多く、その場合は系列のハウスメーカーに多くの情報が入ります。不動産会社の系列のハウスメーカーは住宅建築が専門のメーカーと比較すると技術力は劣ります。しかし、土地を優先して求める場合は系列の会社を選ぶ選択肢も否定できません。造成地は無条件で土地だけを分譲することもありますが、倍率は高いものになるのが普通です。

郊外の造成地は大手のハウスメーカーだけが手掛ける訳ではなく、地元の不動産デベロッパーが事業主体のものもあります。そのような場合は建売や注文住宅が用意されますが、誰が作ったのかがわからないケースも存在します。通常は地元の工務店が下請けで建てる場合が多く、品質にはバラツキがあります。あまり有名ではない会社から住宅を購入する場合は、性能の評価が重要となります。

土地から探す場合は建てる住宅の内容が疎かになりがちですが、最低限の品質を確保することも必要です。住宅の最低限の性能は建築基準法で規制されていますが、それだけでは満足できません。想定を超える大きさの地震が起きた場合は、建築基準法の規定を満足しただけの建物は強度上の心配が残ります。住宅の性能を客観的に評価するには、住宅性能表示制度や長期優良住宅の認定を受けていることが判断基準となります。十分な強度を持つかどうかは住宅性能表示制度の耐震等級で判断でき、長期的に必要な性能を維持できるかどうかは長期優良住宅の認定の有無で判断できます。

関連記事
話題の中古物件を安易に選ぶのは危険!

住宅は新築ばかりでなく、中古物件を選ぶこともできます。中古物件は安い価格がメリットですが、追加費用がかかるなどのデメリットもあります。中古物件は実物を確認して購入することが原則ですが、設備などの交換が必用な場合も多く、完成形を想像するのは意外と難しいものなのです。老朽化は設備や仕上げだけでなく、構造

2020年09月21日
大工とハウスメーカーって何が違う?

日本の住宅は伝統的に大工により作られてきました。ハウスメーカーは戦後の高度経済成長期に発展し現在に至っていますが、大工が組織する工務店よりも全体のシェアは低いのです。工務店は地域密着の組織ですが大工を直に雇用している場合もあり、規模は小さくても地元から信頼されています。ハウスメーカーは営業するエリア

2020年08月12日
注文住宅で失敗したくないならヘーベルハウス!

ハウスメーカーは伝統的なところや新規参入のところもあり、当たりはずれのあることは知られています。しかし、高い買い物である住宅を失敗するわけにはいかないのも事実なのです。ハウスメーカーの中でも、失敗の少ない会社として知られているのがヘーベルハウスであることは意外と知られていません。ヘーベルハウスは旭化

2020年05月19日
細かい技術力が光るパナソニックホームズ!

パナソニックホームズは大手電機メーカーを母体として発足しました。ハウスメーカーとなってからの実績も多く、消費者から高い評価を得ています。大手ハウスメーカーのなかでもフィルター搭載の換気システムは工業化住宅として初めての実績があり、ダニやカビに強い特別な仕様が評価できます。災害に強い頑丈さは自社の研究

2020年06月08日
ハウスメーカーを利用するデメリットって何?

品質的に安定しているハウスメーカーにはメリットだけでなくデメリットはあります。それは工務店と比較してのものですが、全般に単価が高いことは知っておいて良いでしょう。営業マンの伝達不足から顧客の要望をくみ取れず、連携で失敗することもあり得ます。一般的にはハウスメーカーの営業マンは優秀で、施主がすべき内容

2020年07月13日
アイフルホームでローコスト住宅を建てる!

近年はハウスメーカーの中でもローコスト住宅を得意とする会社が存在感を増しています。中でもアイフルホームは高品質を維持しながらコストダウンを実現し、価格帯を押さえています。よくある軽量鉄骨の構造ではなく、木造の施工を標準化して、ローコスト住宅を実現させました。坪単価はハウスメーカーの中でも安く、求めや

2020年06月23日
ミサワホームで耐久力のあるマイホームを建てる!

ミサワホームは中堅のハウスメーカーとして、ユーザーの高い評価を得ている会社です。口コミでは評判が良く、頑丈な建物を作ってくれることも知られています。頑丈とは耐震性があり耐久力もあって、安定感が得られると言うことです。ミサワホームは住宅の性能に関して安定感があり、高い評判を得ているのです。ミサワホーム

2020年05月04日
ブログを検索してハウスメーカー利用者の体験談を探そう!

今は昔と異なり、ネットを利用しての比較が可能となりました。ハウスメーカーを選ぶ場合は、ブログや体験談を参考に、成功例と失敗例を事前に見ておくことが必要です。インテリアやデザインに関する意見も十分に参考になるので、調べることが効果的となります。ブログには様々な意見がありますので、一つの意見にこだわらな

2020年04月19日